ダイエットの大敵!冷えた内臓は放っておけない。

手や足が冷たいために冷え性と感じてる人は多いはず…でも手のひらをお腹に乗せてみたら意外に冷たいと感じる人は内臓も冷え性となります。内臓を温めることでダイエットにも効果的になり健康にもなります。

*

手足が冷たいだけが冷え性だけじゃない!手足ポカポカ隠れ冷え性

      2016/07/08

実は手足が冷たい症状だけが冷え性ではありません。手足がポカポカと暖かい隠れ冷え性の可能性もあります。

一見すると体温が高く見えそうなので自覚がないというのも厄介なところですが、体内の内臓部分の温度はかなり低い状態です。疲れやすくほてりが気になったり、寒い日であっても手と足は温かかったり、お腹の周りが冷たいというのも、その可能性があります。お肌の状態はくすみがちであり、目の下には青いクマができやすい人も要注意です。

手足が温かい冷え性とは?

冷え性と言えば女性が圧倒的に多く、手足がとても冷たく、酷い人になると痺れたり痛みが伴うこともあります。しかし、女性だけではなく男性にも冷え性は少なくありません。女性だけだと思っていたり自身に自覚がないだけです。
平熱が低くて35度台であったり、1日を通してデスクワークで、立ったり歩いたりしないというのも要注意です。

そして驚くかもしれませんが、手足が温かくても冷え性の人はいます。

手足が温かいのは体温ではなく、立っていた時間が長かったり歩いている時間が長かったりなどで熱を持っているだけかもしれません。また、夏場の暑い季節にたくさんの冷たい飲み物を過剰に摂取をしたり、薄着で過ごしたり手足にほてりをか感じるだけかもしれません。そういった症状の時にすぐに氷水で冷やしたりするのは、全て裏目に出てしまう行動でもあります。

ふくらはぎや足の裏などをマッサージをしてリンパの流れを良くしたり、足湯などをして温めてあげることが先決です。

血流を良くすると温まり体温が上がる

冷え性・隠れ冷え性の人のほとんどは平熱が低く、改善していくためには低い平熱を上げる必要があります。

低体温を順調に改善していくことは必要であり、温めることで血流を良くすることにもなりますので、血管は収縮をすることはありませんし手も無駄に冷えたりはしません。

体温は36.5度くらいまでは、できるだけ上げるように頑張りましょう。

新鮮な血液も、体温が上がることで流れが良くなっていきます。体内の血流の流れはとても大切なものであり、腎臓や肝臓、女性には卵巣に至るまで血行が良くなりますので内臓機能も向上をします。体のむくみを解消もしますし、肥満を改善していくことにもなります。

簡単に体温を上げるには冷やしすぎないこと、温かいものを食べることです。暑い夏になるとどうしても冷たい飲み物や食べ物になりがちですが、夏だからこそ涼しい場所にいるときなどは温かい食べ物や飲み物にしましょう。