ダイエットの大敵!冷えた内臓は放っておけない。

手や足が冷たいために冷え性と感じてる人は多いはず…でも手のひらをお腹に乗せてみたら意外に冷たいと感じる人は内臓も冷え性となります。内臓を温めることでダイエットにも効果的になり健康にもなります。

*

夏は「クーラーで快適」は危険信号…ダイエットに良くないわけ

      2016/07/16

夏は暑いものですが、あまりにも暑い場所に長時間いると、熱中症などの危険度が高まってくることになります。

クーラーをうまく利用しながら夏と付き合っていくようにしなくてはなりません。しかしいくら快適だからといっても、クーラーの温度を下げ過ぎるのはよくありません。あまりにも温度を下げ過ぎてしまえば、体が冷えすぎてしまうことになるからです。

クーラーの設定は28度

設定温度は28度前後くらいを目安にするようにしておけば、体がだるいと感じることが少なくなります。外気温マイナス3から4度くらいを目安にしておくといいでしょう。外気温との差があればあるほど体にはダメージが大きくなります。

体が寒いと感じるほどの温度にしてしまうと冷えすぎの原因になりますので、温度は気にして設定するようにしておきましょう。

調整ができない場所では1枚羽織る物を

しかし会社などにいる場合には、自分だけの感覚で温度を設定するわけにもいきません。

省エネを意識している会社であれば、そこまで温度は低くしていないはずですが、人によっても体感温度が違いますので、すべての会社がそうではないでしょう。寒いと感じるほどの温度を設定されている場合には、体が冷えすぎないようにする対策が必要になります。

例えば、カーティガンを着たり腹巻を使用したり、温かい飲み物を飲むようにしておけば、かなり改善されることでしょう。

運動で代謝を上げる

自律神経の働きをよくするためにも、適度に運動をすることも必要です。

自律神経の働きが鈍くなってしまえば胃腸の働きが弱くなったり冷え性の原因になってしまいますので、運動を取り入れた生活をしていくようにしましょう。

冷え性になると、ダイエットをしたくても効果が悪くなってしまいます。

冷えとダイエットの結びつきは考えにくいですが、実際には大きな関係があるものになるのです。体が冷えることによって代謝が悪くなりますので、痩せようと思っても痩せにくくなります。できるだけ体を温めるようにしておいた方が、ダイエットに適した体にしていくことが出来るでしょう。

空気を循環させることが大切

冷えるからと言ってクーラーは使わない方がいいということではありません。

暑さに弱い人などは部屋の中にいても熱中症や脱水症状を起こしたりと危険なこともあります。ですので寒いと感じるほどの設定にする必要はないということです。設定温度を28度くらいにして扇風機やサーキュレーターなどを使って空気を循環させることによって、思った以上に涼しくしてくれます。

程よく快適に過ごせるくらいの温度に設定をすることによって、ダイエットにもよく健康にもいい状態を作り出すことができるでしょう。